髪が傷まない白髪染め

市販の白髪染めの、口コミや評判を見ると、髪がすぐに染まることと、傷まないことは、基本的にトレードオフの関係にあることが見受けられます。つまり、どれか1つのメリットを優先すれば、傷まないなどのメリットが犠牲になるということで、パーフェクトなものは、現状ではないと言えそうです。

 

白髪染めはドラッグストアなどでも種類豊富、テレビCMや広告でも販促活動はご熱心なようです。全体的な傾向として、こういったものは、ヘアカラータイプが大半であるとは言えます。

 

確かに、ヘアカラーは、1回の使用でキレイに染まります。それは、中に入っている酸化染料のなせる技なのですが、肌には刺激が大きいため、毎日のようには使えません。髪が傷まないようにするには、使用は控えめにするのが賢明です。

トリートメント・タイプは刺激が少なく、髪が傷まないものが多い

他には、白髪染めには、ヘアマニキュアやトリートメントの形態をとるものもあります。
ヘアカラーは医薬部外品に、ヘアマニキュアなどは化粧品に分類される点からして違います。
だからという訳ではありませんが、トリートメント・タイプなどの方が相対的に刺激が少なく、髪が傷まないものが多い傾向はあります。

 

傷まない代わり、髪や頭皮に優しい白髪染めは、1、2回使っただけでは、良く染まらないのがデメリットです。
ヘアカラーからの乗り換え組には不満点でしょうが、こういったタイプは、数回使ってだんだんと染まる仕組みです。特に初めは、毎日のように使い続ける必要があるでしょう。

 

ところで、髪が傷まない白髪染めでも、他の部分でアレルギー反応が起こらないとは限りません。腕の内側などに少量点け48時間後の反応を見る、パッチテストはした方が良いのです。

髪に優しい白髪染めランキングはこちらクリック!