白髪染めで頭皮がボロボロに荒れる?

白髪や茶髪など、髪を染めるのは日常的な光景となりましたが、それでも危険なようなイメージは根強く残っているのが現状です。特に頭皮へのダメージは重要ポイントで、頭皮が荒れる白髪染めには、できれば当たりたくないのが人情でしょう。

 

頭皮が荒れる白髪染めかどうかを判定する目安の一つが、値段です。スーパーやドラッグストアなどで売られている激安品の大半は、お財布にはやさしいかもしれませんが、頭皮が荒れる白髪染めである可能性はマックスです。

 

激安の白髪染めの多くには、酸化染料が入っています。これは髪をよく染める一方、髪や頭皮にダメージになる成分です。使い続けるうちに髪はパサつきがちになり、頭皮もボロボロになっていくリスクさえあります。

繰り返しの白髪染めで頭皮が荒れることも

白髪染めを使うと当然、髪にも頭皮にも薬剤が浸透します。
頭皮は意外とデリケートなので、何度も繰り返されれば荒れるのは必定です。
1、2回使っただけでは分からないでしょうが、使い続けて頭皮がボロボロになって初めて、頭皮が荒れる白髪染めだと判明する次第です。もちろん、その際は使用を直ちに中止し、皮膚科を受診すると安心です。

 

1回の使用で、髪がうまく染まれば満足でしょうが、染色効果の高いものは、頭皮が荒れる白髪染めとほぼイコールです。ダメージを避けるには、無添加のものがオススメです。

 

ただ、多くの口コミにあるように、無添加の白髪染めは、化学成分がてんこ盛りのものと比較すると、染める力が弱い傾向はあります。それでも使い続けるうちに、髪は自然に染まってくれます。パッチテストでアレルギー反応が出なければ、髪や頭皮を荒らすどころか、健康度を高める一助となってくれます。

髪に優しい白髪染めランキングはこちらクリック!