そもそも白髪染めはなぜ染まるの?

白髪染めは現在、自然派のものが人気のようですが、商品によって染まり具合にばらつきがあるのが現状です。それも、なぜ染まるのか、その仕組みが根本的に異なるからです。

 

まず、現在も主流のヘアカラータイプは大きく、アルカリ性の染料(1剤)と酸化剤(2剤)が基本成分です。なぜ染まるかというと、白髪染めを使う際、1剤と2剤を混ぜ合わせ協同して作用することにあります。

 

ヘアカラータイプが髪につくと、1剤のアルカリ剤が、キューティクルの覆いを緩くし、隙間に染料を浸透させます。続いて2剤の酸化剤がメラニン色素を分解し、染料を髪内部に定着させ、髪が染まるという仕組みです。

 

ただし、1剤のアルカリ剤が髪の残っていると、キューティクルが開いたままになります。そうなると、髪のパサつきや切れ毛の原因になるので、ヘアカラー使用後は、キューティクルを整えるアフターケアが欠かせません。

 

一方1剤タイプの白髪染めもあります。このタイプの白髪染めが、1回の使用でなぜ染まるかというと、1剤の染料が酸素と結合して、発色させるからです。使用後、時間を置くほどなぜ染まるのか、髪内部で酸化反応が、順調に進んでいることを表しています。

ヘアマニキュアやトリートメントタイプは?

髪や頭皮へのダメージが心配な向きには、ヘアマニキュアタイプやトリートメントタイプの白髪染めがオススメです。
それがなぜ染まるかというと、髪表面のキューティクル部に染料をコーティングするからです。
ヘアカラータイプと比較すると、染まり具合がイマイチな傾向はありますが、繰り返し使用で次第に髪が染まってくれます。特に、トリートメントタイプの白髪染めは、髪や頭皮に優しいものが多く、肌が弱い人でも安心して使えるのがメリットです。

髪に優しい白髪染めランキングはこちらクリック!