白髪染めでかぶれ

 

白髪染めを使ったら、かぶれなどのアレルギー反応が起きた経験がある人は少なくありません。重症化すれば、腫れ、湿疹、脱毛などに発展する場合もあります。

 

一般に、アレルギー物質が入ると、体内ではそれに対抗するアレルギー抗体が形成されます。白髪染めも、使用のたびに抗体が作られていき、それが増加して臨界点を超えると体が反応するようになり、かぶれなどの症状が現れるという訳です。

 

白髪染めでアレルギーの原因物質として、よくやり玉に挙げられるのは、ジアミン系の成分です。毛髪を内部から染め上げる性質があり、濃度が高いほど、髪の発色も良くなりますが、単独では劇物に指定されているほどの要注意成分です。
もっとも現状、白髪染めは大部分の人は問題なく使用しています。かぶれなどのアレルギー反応が現れるのは、使用者全体の数%にとどまります。

かぶれや腫れは体調によっても発生する

 

万が一のことを考えると、使用前のパッチテストは、白髪染めでも重要なステップです。液を人目に付きにくい腕の内側などに塗り、48時間後の反応を見て、かぶれや腫れなどが起きなければ、以降は安心して使えると判定できます。

 

アレルギー反応は、最初は軽症であっても、繰り返しの使用で重症化することがあります。我慢して使用を続けた挙句が、湿疹、脱毛、さらには、じんましんや呼吸困難に陥るケースさえあるので、「初期症状」は大したことないなどと、軽視できません。女性は、妊娠など体調の変化で、アレルギーに対する感受性が変化することがある点も要注意です。

 

使用中であっても、かぶれなどが起きたら、シャンプーなどは使わずに髪を洗うのが先決です。
その上でかぶれが治まらないようであれば皮膚科などでのケアも視野に入れておきましょう。

髪に優しい白髪染めランキングはこちらクリック!