白髪染めでかゆみ

白髪染めを使っていて、かゆみが出て難儀したという体験談は少なからず存在します。
重症化すれば、じんましんや呼吸困難に陥るケースさえあります。
ましてや、陽転反応だなどと、軽く受け流す訳にはいきません。

 

かゆみを起こす主な原因は、白髪染めによく入っているジアミン系の成分にあります。
効果的に毛髪を染める働きがあるので多用されているのですが、頭皮には刺激物になり、アレルギー反応を起こす人が、中には出てくるのです。

 

アレルギーによるトラブルを未然に防ぐには、最初にパッチテストをするのがオススメです。
白髪染めを少量、腕の内側などに塗り、48時間たって何事もなければ、晴れて堂々と使用開始となります。

パッチテストでかゆみが出たら…

反対に、かゆみや腫れが起きたら、体質的に合わないという証拠です。
体からのメッセージに素直に従い、以降はジアミン系の成分が入ったものは、避けるのが身のためです。

 

特定の成分によるアレルギー反応は、決して一時的なものではありません。
ひとたび体が反応するようになれば、以降も症状が現れるようになります。
1本丸ごと買ったのにダメだと判明した場合でも、安全を買ったのだと思ってスパッとあきらめるのが賢明です。

 

最初は大丈夫でも、白髪染めを何回か使ううちに、かゆみなどの症状が出てくるケースもあります。
その場合でも、ただちに使用を中止し、心配なら皮膚科を受診するのがオススメです。

 

それならばと、天然素材、自然派などといった、ジアミン系の成分が入っていないタイプの白髪染めが、脚光を浴びているようです。それでも、かゆみが出る人は中に入るでしょうから、念のため使用前のパッチテストは、やはり必須のステップとなります。

髪に優しい白髪染めランキングはこちらクリック!