市販されている白髪染めにはアレルギー成分が…

市販されている白髪染めは、アレルギー成分が入っているものが大半なのが現状です。かゆみやかぶれは、まだ軽症の方ですが、じんましんや呼吸困難などの急性症状が発生するケースさえあり、髪を染めるのも命がけ(?)です。

 

アレルギー成分として、やり玉に挙げられるのが、たいていの白髪染めに入っているジアミン系の成分です。毛髪を染色する性能が高い一方、かぶれなどの症状が現れる人もいます。そもそも単体では、劇薬に指定されるほどの要注意の成分なのです。

 

アレルギー成分に反応が起きたということは、それはもはや体に合わないということです。合わない白髪染めは即刻使用を中止し、皮膚科で診てもらうのがベターです。

 

このような状況を受けてか、現在ではジアミン系の成分が入っていない白髪染めが人気のようです。お手軽なところではヘアマニキュア、自然志向ではヘナなどの植物素材を使ったものが、評判になっています。

アレルギーに安心な成分だと染め上がりが…

ただ、ヘアマニキュアは皮膚についたら取れにくく、長く使っていると髪の染まりが悪くなるのが難です。
ヘナは、アレルギー成分フリーで刺激が少ないのがメリットですが、髪がオレンジ色っぽく染まるなどデメリットもあります。

 

現在では、髪にも頭皮にも優しい白髪染めとして、利尻昆布のエキスを使ったものが評判のようです。アレルギー成分が入っていないので、安心して使えるのがウリです。

 

利尻昆布系の白髪染めは、従来のタイプと比較し髪の発色が悪いといった口コミが多いのですが、何度も使うことで次第に髪色が整っていく性質のものです。使い続けていくうちに、ジワジワ効いてくるあたり、髪のサプリメントとしての存在感を放っています。

髪に優しい白髪染めランキングはこちらクリック!