アレルギーに要注意・白髪染め

白髪染めは、髪や頭皮を刺激する成分が多く含まれていて、安全性について大いに疑問視する人は多いようです。
自宅でなく美容院で染めてもらえば、多少は安全かもしれませんが、アレルギーのリスクはそれでも残ります。

 

市販の白髪染めの多くには、パラフェニレンジアミンなどのジアミン系成分が入っています。
それをアレルギー体質の人が使おうものなら、頭皮がかぶれたりなどのトラブルに見舞われることになります。
そうでない人も、刺激が気になるなど、決して使用感は快適とは言えないようです。

 

それでもメーカーが多用するのは、染色力が非常に強いためです。
成分が酸化する過程で、髪を強力に染め上げていきます。
ただ、そのメリットがあだとなって、アレルギー作用も強力となり、かぶれたり、悪化すれば咳き込んだりへと至ってしまうのです

アレルギー反応を占なうパッチテスト

したがって、白髪染めを使うに当たって、アレルギーが起きないか、最初にパッチテストを経るのがオススメです。お試ししたい商品を、腕の内側などの目立たない部分につけ、48時間後の反応を見るのです。
湿疹・かぶれなどができていれば、自分には合わないということなので、その時点で使用は中止すれば良いのです。

 

それでは、アレルギー体質の人は、白髪染めを使えないのかといえば、そんなことはなく、刺激成分の入っていない無添加のものなら、大丈夫かもしれません。
最近では、植物由来のヘナという染料が人気のようで、自然派志向には大いに受けがよろしい模様です。

 

もちろん、天然志向の白髪染めは、普通の人が使っても良いものです。
体質に関係なく、髪や頭皮への刺激が少ないのはメリットであり、先々のトラブル防止にも有益です。

髪に優しい白髪染めランキングはこちらクリック!